レスリング

見てた。(結果は、全員がメダルを獲得)

決勝の試合は、強すぎる天才・吉田より、ぎりぎりまで競った伊調馨の方がおもろかった。

吉田は、Numberなどでの公約通り、コーチを肩車。その前にはリング上で側転からのバク転を披露するなど、ちょっと変わった人らしさが見えた。

印象的やったのは、伊調馨の勝利後の表情。決まった直後はひたすら笑顔とガッツポーズやったのに、リングから降りて観客席の両親の方を見るなり、泣き続けてた。顔を見て、一気に気が緩んだんかな。いい場面やった。「伸身の新月面が描く~」には及ばなかったものの。

そのほか

柔道なんかは、今や日本以上にフランスでの競技人口が多いらしい。サッカーみたいな育成組織が広い種目に取り入れられてるのか、アテネでは多くの種 目でフランスの選手を見掛ける気がする。でもそれ以上に、日本選手の躍進もすごいのではないのかな…柔道・レスリングで圧倒、水泳・体操・陸上で奮闘。新 聞1面は、毎日のように誰かの金メダルやし。

やるぞ

腕力は上がってるはずやけど、それ以外のチカラはことごとく落ちてるやろな。(握力、持久力、跳躍力…)

でも楽しみ。なんでもっと早くに見つけようとせんかったんやろ。いいことはちゃっちゃとしよう。(善は急げ)

ワールドカップの後みたく、スポーツしよ!って人が増えるのかな。体操の日本選手が所属するジムは、入会届けが増えてるらしいし。そらやっぱいいことですね。大人になっても、時間に対する言い訳なしで、みんなが何かできるようになればいいのに。

そのために、やっぱりXX教室ってものの存在は大きいと感じた。いきなり試合に参加よりも、学んでミニゲームして、っていう形の方が、入りやすいのは明白。

探してみると、マイナー競技でも、以外と近くで教室を開いてるかも知れません。

そいや、スポーツ障害保険のことを調べておきたい…。

最長の、携帯からの更新になった。(約800文字)

クリエイティブのサポート

Creative MP3 Playerって商品の調子が悪かったので、修理品として送付。

一応1年以内で、無償修理期限内ではある。が、調子悪くなった原因がよく分からず、ある程度落としたりでのこっちのものかも知れん、と思いながら、とりあえず送ってみた。

4日後、早くもクリエイティブからの返送が。土日をはさんでたから、対応にしてはあまりに早すぎるし、やっぱりこっちのせいってことで、さっさと送り返されたのかと思いきや…

新品に交換されて、帰ってきた! 交換官なんで、あった不具合(一部は完全にこっちの問題)の全てが回復。ファームウェアも最近出た最新になってる し。大手の製品買ってよかった!と思えた瞬間。最新モデルじゃないし、無償修理期間内なんで、ごちゃごちゃ調べるより、新品送った方が早い、ってことかも 知らんけど。

..それでもやっぱり、MP3プレイヤーにコピーすると、再生できないMP3ファイルがある。コピーしなおしたり、WAVから変換しなおしたりする と再生できるから、何かと思ってたら、iTunesでアートワークを設定すると、×のよう! いい機能やのに・・・ こういうポータブルプレイヤーって多 そうやな。