読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8冊目通し

8冊目の経営法務を読了。このあたりになると、他の本とも内容がある程度重なってきてる気が、する。

本の作りは、クイックマスターの"親切ではない方"なので、特に見やすいこともなく。

利用最多のブログは「ウェブリブログ」、満足度では「楽天

最近読み始めた、日経BPメルマガにあった、利用最多のブログは「ウェブリブログ」、満足度では「楽天」の記事。以下に数字だけまとめてみた。

調査対象

  • インターネットを利用している10代から60代の男女
  • インターワイヤード(本社:東京都品川区)が運営するアンケートモニター「DIMSDRIVE」を使用
  • サンプル数は1万4542人(男性6697人、女性7845人)
  • 調査期間は8月6日から8月12日

ブログを作成している人が最も利用しているサービスサイトのトップ

1ウェブリブログ16.2%
2livedoor Blog10.2%
3ココログ8.5%
4エキサイトブログ8.1%
5goo BLOG7.9%

総合満足度

1楽天
2JUGEM
3ココログ

全ユーザー中のブログ自体の認知度

詳しく知っている3.7%
だいたい知っている19.8%
知らない39.9%
聞いたことがある程度36.5%

「知っている」が2割強。

ブログ非所有者の、これからのブログへのアプローチ

ぜひやってみたい3.3%
まあやってみたい30.3%
あまりやってみたくはない49.0%
全くやってみたくはない17.4%

「やってみたくはない」が過半数。

ブログ所有者の「理解度やはまり度」

(仕組みや用語も)理解でき、面白いと感じている23.0%
まだ理解できていない部分もあるが、面白いと感じている42.9%
理解できたが、あまり面白いとは思えない21.5%
分からないことが多く、あまり面白いとは思えない12.6%

仕組みがよく分からなくても、使っていて面白いと感じられているよう。否定的な意見も多いのは、ブログサービスが機能拡張の方向へ伸びているのが原因か?

まとめると

ブログ自体が何かということをまだよく分かってない人は多い。「やってみたくない」理由が面倒そう、よく分からないといったものであれば、「(仕組みや用語を)より分かりやすいものにする」ことで、ブロガーもまだまだこれから増える可能性があるのでは。