スキミング被害対策案

引き出し前の対策

新聞にて、手のひらをかざす生体認証を、ATMで使用する銀行の紹介があった。このサービスを受けるには、年会費15,000円を支払う必要がある、とのこと。

ちょっと一般市民には高く感じるが、初期投資がかかる上に利用人数が不透明なので、やっぱり高めにせざるをえないのかな。(ターゲット利用者が、貯蓄ン千万以上の方たち、ってことなのかも。)

なので、楽天の共同購入のようなシステムで、物の購入だけでなく、サービスの導入についても、事前に利用者を募って「確保」してから、サービス導入を決定すれば、単価も抑えられるんじゃないかと。

利用する、とした人は、「共同購入する」とした人みたく、とりあえず年会費を支払う義務が出てきます。

全然、「考え出した案」じゃありませんが。

引き出し後の対策

規定時間(1時間ぐらい)毎に、ATM取引で行った操作を、携帯やPCへメールで通知する。

具体的な引き出し金や残額は表示されず、単に

2005/1/26 12:38頃、大阪支店にて、預金の引き出しを行いました。

みたいな内容にする。

連続してATM処理をする人とかには煩わしいので、一定時間の内容をまとめて送る形。

電子メールは到達しない可能性がわずかながらあるけど、2回連続でメールが到達しない可能性は、現実的に相当低いはず。そのため、1日分の限度額を引き出されるケースの場合でも、大抵1~2日目には気づくことができる。

オススメページ集

人に送ったオススメページ集を、そのまま張り付け。

英語
毎日1分!英字新聞
http://www.ka-net.com/magazine.html
2パラグラフで英字新聞を読もう!
http://www.two-para.com/dig.html こっちは有料版もあるみたい。
おもろいの
ほぼ日刊イトイ新聞
http://www.1101.com/
ほぼ日の中の、いろんな人の五輪観戦記『昨夜、オレは観た!』
http://www.1101.com/athens2004/index.html
勉強になるもの
村上龍 編集長 Japan Mail Media
http://ryumurakami.jmm.co.jp/
営業マンは断ることを覚えなさい
http://www.nihonkeiei-lab.jp/mm_detail.html