読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

R-1ぐらんぷり2005

The Freestyle "WAGEI" Bout 2005

一人芸No.1を争う大会、3回目。

今年も相変わらず、フジの日曜夕方の番組ながら、優勝賞金500万円。M-1は二人で1,000万円なので、賞金的には並んだ。

長州小力

よく残ったと思ったけど、動き以外でも笑いをとる気なら、もう少し何しゃべってるか、分かるようにした方がいいんでないだろうか?

雨上がりにしてみたら、いてくれてよかった、ってキャラだろうか。

ネゴシックス

いつものように、ネタのラッシュ。思いついたのを片っ端から入れてるような感じがした。

最初に見たときの印象が一番よかったけど、その後は一定な感じ。

あべこうじ

今年も登場。まあ、普通に面白かった。

この人のスタイルも、優勝が厳しそうな気がする。

友近

3年連続ファイナリスト。今年も「あるオバちゃん」を作り上げて、熱演。

おもろいと思うところもあったけど、それよりもキャラ作りと熱演で、「スゴイなぁ・・・」と感心してしまうところの方が多い。

ヒロシ

TV初登場らしい、「どうしたらモテますか?」ネタ。

爆笑がなく、インパクト薄。いつものネタと同様、繰り返し見ると、印象が強くなっていくのかも?

ほっしゃん。

小力と同じぐらい、見る前は心配してたけど、大きく裏切られた方。

ネタの終わり方も、観客を味方につけるような形で、実際はシャレの繰り返しなネタやけど、全体的にすごくよかった。

おめでとう。これまでどんな苦労してきたかは分からんけど、長いことやってきて、解散もして、それで出た涙やろうから、こっちもじんわりきてしまった。

中山功太

あのライトアップされる映像は、予選のVTRで見てて、どんなネタ気になってた。

終わり方はあんましやったけど、ネタ自体はいつものようにユニークで、おもろいと思った。採点ではもひとつな数字になってたけど。

井上マー

始まる前に、横から「この人面白かったのに~」ってなことをいわれて、期待とのギャップを心配したけど、全く問題ない、すばらしい内容。

ネタどころか、名前も全く知らんかったけど、安心して見れて、引き込まれた。これからも見たい。

おわり

一人芸、大別すると、こんな風になるのかな?と思った。

  • シャレ中心
  • 自虐
  • 風刺

しかし、1位と2位の発表を待つ二人のツーショットは、とても貴重でした。

あるサイトのアンケート結果

「出口戦略」について見てたら、三井邦稔のビジネスプランという、ちょっと面白そうなサイトに到着。

考案されたビジネスプランが載せられていて、トップページからは、訪問者のそれぞれのプランに対する評価も見られる。

そこの、「1.どのビジネスプランが一番成功すると思いますか?」の投票結果が、なんとも辛辣なことになっています・・・。

世界中を色々回ってる人みたいで、「一冊の本を読む」ためも、こういう経験はやっぱ大事そうやなぁ・・・。