読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Q&A/カリスマ体育教師の常勝教育

さらっと2冊読みました。

Q&A;

本棚.orgでの高評価を見て、試験後に読もうと思っていた1冊。
あるデパート内で起こった事件について、Q&A;形式で物語が進んでいくというもの。
見かけたレビューの通り、前半はとにかく引き込まれて読み急ぎ、後半はダーク・ブラックさに辛くなっているうちに終了。
フィクションでもブラックな現代話を読むと暗くなる人には、お勧めできません。

カリスマ体育教師の常勝教育

いつも心温まるメルマガ・「言葉のお薬」で紹介されていた書中の感動エピソードに引っ張られ、一読。
荒れていた公立高校から陸上で連続日本一の生徒を輩出した、熱血先生の物語。
やっぱり大きなことを成し遂げるには、最終目標を立て、中間目標・日々目標にブレイクダウンし、少しずつ達成していくというのが一般人にもできる方法なんだ、ということが、この本でも確認できた。
特に参考になったのは、大きな目標に向けて、確実に実行する方法の確保。書くことでコミットさせたり、しつけにより精神力を鍛えたり。目標を立ててもその実行が追いつかない、という場合によく効きそうで、この先生が企業の研修を多く依頼されているのも納得。

図書館連携サービス

これらはもっぱら図書館で借りたものですが、操作性の悪い図書館Webサービス、これをカバーして何かWebサービスが提供できないものか。;)
予約空き通知、貸し出し日程予測、自動予約、自動延長、お勧め図書通知、など・・・
とりあえずAmazonウィッシュリストみたく、読みたい図書を登録しておけるようにして、好きなときに予約できるようにほしいもの。現状はそういうリストを登録できないので、とりあえず予約する人もいるのでないか。
とりあえず予約により図書は移動し、無駄なコストも発生するためで・・・。図書がどういう経路で移動してるか、地図に表示させる、とかも見た目にはおもしろそ。