石垣島旅行記(3)

今日は朝からシュノーケリングマングローブカヌーをして、夕食はお待ちかねの石垣牛です。

朝からシュノーケリングで、石垣島観光に参加。この日も我々2人だけで、ゆっくり海を漂うことができました。いろんな魚の中で、かなり大きな隠れクマノミも鑑賞。やけに波があったため、次第に酔う感じになりました。

2時間程度のシュノーケリングが終わると、続けて宮良川でのマングローブカヌーへ。こちらは大人気のようで、全体では20人ぐらい集まってました。頭の笠がまたいい感じ。

マングローブカヌー出発前

カヌーは2人乗り、1グループ6隻程度の大所帯。たびたび浅瀬に乗り上げたりで結局あまり進めなかったですが、マングローブの雰囲気の中、ゆったりと漕ぐカヌーは素晴らしかった。

昼食は、石垣島観光の叔母さんに聞いた白保食堂へ。地元のお客さんが多い店でした。

  • 八重山そば:あっさり味で○
  • フーチャンプル定食:思ったより味がしっかり付いていて、ご飯も多く○
☆☆☆☆ 
☆☆☆☆ 
☆☆☆  

白保食堂の昼食

午後からは、石垣島最後のドライブ。白保食堂から北上し、石垣島北部~東部を周ってホテルへ向かうルート。390号線~211号線~209号線~87号線~トンネル~79号線と周って、川平公園へ到着。

川平公園から眺める海は、まさにオーシャングリーンといった感じで、水が透き通るようにめちゃ綺麗でした。

川平公園からの景色

公園を出て、79号線を南下。

途中、たまたまパインジュースの看板を出してるアンパル陶房を見つけて立ち寄ったところ、これが思い出に残るスポットでした。

アンパル陶房の看板

この世の楽園の景色と、至宝のパインジュース。これぞ南の島、という雰囲気を味わえる場所です。 パインジュース×南国。

このお店のすぐ先にある果物屋で、お土産のパイナップルを注文。「もう少ししたらよりおいしいパインが入るので、それから送るようにする」というアドバイスが決め手に。試食でもらったパインつも、むせ返る暑さの中、忘れられない味だった。

最後のドライブを終えて、最終日のホテルビーチホテルサンシャインへ。

ロイヤル~と比べると新しくて綺麗で、海がすぐそこに見えるプールまであり、また露天風呂のある大浴場もあり。 部屋はあまり広くなく(ごく普通のツインのタイプ)、また海側でなく道路側だったので、部屋からの景色はいまいち。

ホテルのプールサイド

プールに入って熱にかかったようにはしゃいだ後は、街中へ残りのお土産を買いに。エディやクレジットカードの利用を促す先進的な店・石垣島のみやげ館でお菓子を購入。

夕食は、やはり人からお勧めの八重福

八重福肉

特上の石垣牛ロース、カルビ、タンの値段が衝撃的で、結局食べれず。普通に上の肉を食べてた結果は、思ったよりお値頃でした。配送用のおみやげセットも何種類かあったので、注文。

☆☆☆☆ 
☆☆☆  
☆☆☆  

すぐ隣には牧場があり、たくさんの牛がうろついています。

その後、発見したMaxValuで買い物し、ホテルへ。露天風呂から見える一面の海景色の素晴らしさと、海からの暖かい風の気持ちよさに、放心状態になってしばらく涼んでました。

石垣島小話(3) 石垣牛の子牛

石垣の子牛は、数多くが他の地域へ連れて帰られ、地域ブランド(xx牛)として育てられるらしい。石垣の牛はストレスがなく、良く食べて育つので、好まれるのとのことです。地元の人から聞いたのと、八重福でも同じような説明書きがありました。