最近印象に残ったコラム群

成熟した組織で働くのか、自ら組織を成熟させるのか

メールマガジンバックナンバー 第71号 - ソフトブレーン株式会社

最後尾の「3.反響・反論・反省」での内容について。

偉大なる先人により、社内のシステム*1が合理的に構築されている企業では、その時点での「解」を元に効率的に業務を行うことで、業務遂行者は数々のメリット*2を得られるだろう。例えばソフトブレーンのような営業支援サービスが導入されていれば、社内のノウハウを利用し、効率的な顧客対応が行えそうだ。

が、果たしてこういった「解」を組織から与えられて遂行することが、業務遂行者にとって本当によいことなのか。メルマガの投稿にもあるとおり、「な ぜ効率的な営業活動が必要なのか」「なぜ標準化されたプロジェクト推進手法が必要なのか」といったことは、まずは自分なりのやり方を行って、ある程度失敗 にまみれて、それから本当に理解できることではないかと思う。最初から出来上がったシステムを使うだけでは、システムの意味は理解しにくいのではないか。 もちろん、実際に「どのように失敗するか」は、慎重に設計する必要があるが(復帰不能な失敗ではいけない)。

鈴木 貴博氏の昔のコラムでも、同じテーマが取り上げられていた。

負け組の栄光 - 競争優位を獲得する最新IT経営戦略

システムが整った仕事で、高品質なオペレーションにより成果を出そうとするのか。または試行錯誤しながらモデルを作り上げることで、成果を出そうとするのか。

これらは必ずしも相反することではないが、自分のキャリアとして、あるステップではどちらに比重を置くのか(置いているのか)を意識することは、物事の優先順位付けや判断基準に繋がりそうなので、重要そうに思える。

ここで、自分でも混乱したことのまとめ。

  • 組織が成長するために、既存ノウハウを成長させることは必要で、毎回ゼロから始めていては話にならない。
  • そもそも「システムの意味を理解すること」は目的ではなく、「価値の創造」こそが目的なので、合理的

これらは「組織の成長」をベースにした際の言い分になりそう。ここでは、組織の成長と個人のキャリア発展で、ベストな方策が一致しない。

キャリアを"サバイバル"として長い目で見れば、汎用性のあるスキルを得るという面で、「泥にまみれて試行錯誤する」経験は大きな強みになると思う。まあ閉塞感を感じる中で、自分を業務に仕向ける「言い分」でもあるのだが・・・。

鏡は左右を逆に映すのに、なぜ上下は逆に映らないのか

"目くらまし対策"も時には必要なこと - bpspecial ITマネジメント:コラム

鈴木 貴博氏のコラム。

は、「鏡には垂直・水平の方向があって、鏡を設置する際に水平のみ逆に映るように設れているからでは?」とか思ってしまい、見事にだまされた。

完全結果志向の職場環境

まずは「部下の出社時間を気にする上司」の根絶から - 経営者コラム

最近よく読む、ルーシー・クラフト氏のコラム。

「ヘドロ」、日々ありますね。まずは、せめて自分が「ヘドロ」の生産者にならないこと。次に、職場から「ヘドロ」を減らして、より良い環境にすること。自分に関してだけでも、きっちりやるのは簡単じゃないことですが。

 


*1 情報システムだけのことではなく、職務規定や人事評価制度など

*2 例えば業務の省力化や、情報システムの活用