連休日記。

基本的にインドアな連休でした。

ベランダBBQ

連休のスタートは、ベランダでのBBQ。たらふくの肉を、外で気持ちよくいただきました。



 




ダークナイト

LINK相方ジョーカーが"闇の騎士"かと思ったら、バットマン自身の話とは。バットマンって、こんな微妙な立場の人物だったのね(今回は特にとしても)。
評価としては、爽快系アクションにしては少しもの足りず、ドラマにしても・・・で中途半端な。従来からのバットマンファン向けなのかしら。

ストーンシティ

ストーン・シティ〈上〉 (新潮文庫)書評によるお薦め。同じ牢獄モノのでは、プリズンブレイク IIIにハマってたばかり。と思ったら、もっとエグい、グロい描写の渦(当然映像より、活字の方がそうなるけど)。あと登場人物達への感情移入も少ししにくく、さて続きを読むかどうか・・・としてるうちに、上巻を終えてしまった。さて下巻を読むかどうか・・・。「サンクコスト」という言葉を思い出して、ここで終えることにする。

つつじ通り抜け

少し時期が遅かったのか、ところどころ枯れてしまってる状態。規模も思ったより小さめで、そこそこ楽しめました。
通りぬけといいつつ、通り抜けるようにはなってないです。





チーム・バチスタの栄光

LINK映画版。事前の期待が大きかっただけに、少しがっくり。一度寝てしまって、1時間辺りから見直し。
それほど衝撃的な結末もなく、犯人のキャラクターに真新しさもなく。どういうところが受けている(続編や映画がある)要素なのやら?
あまりお薦めはできず。




空飛ぶタイヤ

LINK財閥系自動車メーカーのリコール隠しをめぐるドラマ。書籍中にはメーカー自身の名前は出てきませんが、明らかに指し示しまくられています。
主人公の社長に次々訪れる危機、災難、苦悩。そして超官僚的メーカーの描写。なかなかのリアリティに引き込まれます。
・・・というのは、前半の感想。
後半では、「はるな銀行」というあまりにリアリティのない存在が登場し、幾分興醒め。
ホープ自動車の人間の腐れっぷりは、最後まで見事でした。気分が悪くなるぐらい・・・。

会社組織を知らない人には、サラリーマンの悲哀が嫌すぎるほど伝わることでしょう。読後感はさっぱり、ではなく、サラリーマンなこってり感で満たされています。

 

カポクラッセ

http://www.medic-web.jp/shop/s10001125/index.html
当分据え置きのゆったり食事としてセレクト。MEDIC-WEB掲載サイト。
少し遅めに行ったので、お客さんが全然いない状況。普段から静かな店内のような気がします。
頂いたのは、お昼のコースランチ\2,400。どのメニューもしっかりした味で、ボリューム的にもパスタ+魚 or 肉があり、なかなか。デザートも変に癖がなく、おいしいものでした。