読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Picasaの顔認識が楽しすぎる

いつの間にかアップデートしてたPicasaで、顔認識機能がスタートしてた。

1枚の画像に写ってる人物を切り出してくれて、その人の名前を入れると、他の写真に写っている似た顔も出してきて、「この人もそうかい?」ってな感じで問いかけてくる。

まとめて○×を出せるので、こんな感じで整理していったら、あっという間に数年分の写真にも顔タグが付きまくり。

Googleのアプリなので、紐つける氏名を、Google連絡先から取ってこれるのも○。

顔認識は、雛祭り写真のお内裏様&お雛様も認識してたり、結婚式スピーチの背景にいる司会者も認識してたり、動物園でアシカを撮った際の背景のお客さんも認識してたりで、「これ誰?」という顔がたっぷり。
あとそういう人らに、Googleがサジェストして「○○さん?」と聞いてくるが、ぜんぜん違う(男女から違う)かったりして楽しすぎる。
※認識精度が低いわけではなく、最初のうちにある愛嬌のようなもの。

本来面倒なタグ分けだけど、「人の顔」という題材だからこれだけ楽しんでできるのか。PicasaのなめらかなUIが楽しませてくれるのか。