またも圧倒的だったバルサ。

今回も、結果としてはバルサの圧倒的な突出ぶりが印象に残ってしまった。
 
マンUは前回よりディフェンスの精度を上げ、シンプルな攻撃によって序盤よもやと思わせるも、バルサとの差はまだ大きく。
球際等々のプレーの精度の差、それも桁違いの差を見せつけられた。マンUだろうがレアルだろうが、バルサとやると下手なチームのように見えてしまう悲しさ。このチームでこのやり方で相手にならないとは、一体どうすれば・・・という感覚が更に深まった。
 
今回スコア3-1の差は大きい。2-1と離されても同じように引き続け、"有効な守備"を見せたマンUから、さらに追加点を奪ったバルサのクオリティ。メッシ、シャビ、イニエスタを中核としながらも、ビジャ、ペドロといった選手にも結果を期待できる。
 
フジTV解説陣も、最後はマンU頑張れモード。バルサについて「サッカーの進化」といっていたが、バルサにしか、しかもあれだけのメンバーが揃ってしかできなさそうなことを指して、果たして普遍的な進化といえるのか。
 
 
マンUは、孤軍奮闘ルーニーの輝きが光った。先制でバルサ楽勝ムードが漂いかけたスタジアムを引き締める同点ゴール。しかしチームとして積み上げてきたものに差がありすぎた。

 

 
圧倒的な成熟度のバルサには、イングランドゴールのないメッシのジンクスも、イングランド→スペイン→イタリア の優勝チームサイクルも、一切無関係だった。